FAQ よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

よくあるご質問

お客様よりお寄せいただいたご質問等からピックアップして掲載しました。

部分的にコーティングしないでほしい箇所があるが可能でしょうか?

マスキングにより対応できます。コーティングしない部分を図面等によりご指示下さい。

加工時にどのくらいの温度がかかりますか?

塗料の種類にもよりますが約400℃で焼き付けます。熱による変形や寸法変化が製品に影響を及ぼす可能性がある場合は、事前にご相談下さい。

現在使用している製品をコーティングしたいのですが、汚れが酷いのですがコーティングできますか?

汚れの種類と汚れの程度によりますが、例えば酷い油汚れ(加熱処理工程で火災の原因となる可能性有り)や弊社の下地処理で除去できない汚れが付着しているものについては、お客様に汚れの除去をお願いすることがあります。また、弊社から外注処理に出すことも可能(費用は別途かかります)ですので、お問い合せ際にご相談下さい。

コーティング品の高温下での使用や溶接・溶断は可能ですか?

弊社の指定する温度以上の温度では使用しないで下さい。熱分解ガスが発生する可能性があり、誤って吸引すると呼吸障害を引き起こすことが有ります。

品質保証については、どのような取り組みをしていますか?

当社では、お客様のニーズにあった製品をご提供するため、ISO9001:2008のシステムを最大限利用し、継続的な改善を行っています。
詳しくは、「品質保証活動」をご覧ください。

調理器具に使用したいが、安全なのでしょうか?

調理用に使用されているふっ素樹脂コーティングは米食品医薬品局(FDA)、昭和34年厚生省告示第370号の食品衛生法に合格しており、安全ですが以下のような使用はしないで下さい。
(1) 使用時に過度の加熱や空焚きをしない。
(2) ふっ素樹脂コーティング面に直接炎を当てない。
(3) 製品を焼却しない。
(4) 製品を調理用途以外に使用しない。

ふっ素樹脂コーティングは医療用として使用は可能ですか?

ふっ素樹脂コーティングは、人体に移植したり体液・生体組織に接触したりする医療器具などへの使用を目的として、特別に設計・製造されたものではありませんので、当該用途には使用しないで下さい。やむを得ず使用する場合は、当事者間の明確な契約、仕様及び免責の基準などを取り決める必要があります。

製品に樹脂部品や金属部品が取り付けてあるのですが、このままコーティングはできますか?

全て外して下さい。樹脂部品は熱処理を行うため変形・溶融します。また、金属部品についてもブラスト材等が部品間に入り込み、後工程に影響したり、製品の使用時のコンタミにつながる可能性があります。

ふっ素樹脂コーティングの取扱注意事項

  1. ふっ素樹脂コーティング表面は非常に滑りやすいため、不安定な場所や傾いた場所に置いたり、製品の上にものを載せたりすると落下の原因になり危険ですのでご注意下さい。
  2. ふっ素樹脂コーティング面にキズ等が発生するとコーティングの機能や耐久性の劣化を招くことがありますのでご注意下さい。
  3. ふっ素樹脂コーティング品は、製品の本来の用途及び使用条件以外では使用しないで下さい。

上記の内容以外に取り扱いや不明な点がございましたら 電話やお問い合わせフォームにてお気軽にご質問下さい

このページの先頭へ